高山市の生産額中分類

0
産業(億円)
対個人サービス864
公共サービス648
化学498
建設業448
住宅賃貸業416
金融・保険業302
公務247

対個人サービスの割合が圧倒的に多くなっている。

対個人サービスとは:

第3次産業のサービス業中,対事業所サービス (ビルメンテナンス警備保障人材派遣など) と並ぶもので,一般消費者の需要に応じた直接サービスを提供するもの。ホテル,クリーニング理容・美容,カルチャースクール,会員制テニスクラブなど多くの分野が含まれる。大衆社会における消費水準が質的・量的に高度化・多様化するに伴い,拡大しつつある。

(ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典より)

日本三大都市の一人当たりの賃金

0

日本三大都市と言われる東京、大阪、愛知の一人当たりの賃金(万円)の推移。

三大都市だけあって、どこも全国平均より高い水準を保っている。予測通り、日本の首都・東京都は群を抜いているが、意外だったのは大阪と愛知の賃金があまり違わなかったことだ。世界の「トヨタ」を持つ影響が強いためだと考えられる。

賃金推移は、全体的には少しずつ上昇傾向にある。

人気アプリランキング

0
 2014年2015年2016年
1位ディズニーツムツムLINE MUSICPokemon Go
2位LINELINESNOW
3位LINEワニワニパニックLINEバブル2LINE
4位モンスターストライクAWA MusicAbemaTV
5位Summoners WarYahoo天気iTune U
6位Yahoo JapanEye TrainingYahoo天気
7位TwitterDream RaidersApple iMovie
8位Music StereoディズニーツムツムPages
9位Dino HunterAmazonInstagram
10位Music MixInstagramApple numbers

米調査会社アップアニーがまとめた、日本のアプリダウンロード数と売り上げのランキング。

グラフは各年の7月のデータのものだが、月別で見ても「LINE」が1位、または上位を常に占めている。他にも「ディズニーツムツム」や「Facebookメッセンジャー」、「Twitter」等に人気が集まった。また、2016年にヒットした「Pokemon Go」は2016年7月には「LINE」等を凌いでトップに躍り出ている。

世界のアプリ売り上げランキングはゲームがほぼ独占。世界で有数の規模を誇る日本のゲームではあるが、その大半は国内のユーザーの課金で支えられていると考えられる。

上場企業決算ランキング

0
企業名純利益実額(億円)純利益増減率(%)
トヨタ613011.0
三菱UFJ289053.0
NTT271411.4
三井住友FG241531.1
ホンダ207318.7
NTTドコモ1899-8.2
KDDI17343.8
東電HD148012.3
武田144745.5

1位はやはり自動車・部品の「トヨタ」がランクイン。

業種別で強いのは2位「三菱UFJ」や4位「三井住友FG」などの銀行系、そして3位「NTT」や6位「NTTドコモ」、7位「KDDI」の通信系である。

上位10位の中では「NTTドコモ」だけが-8.2%と純利益増減率がマイナスになっているが、その他の企業はすべてプラスの傾向にある。

一宮市の観光目的地一覧

0

ネット上の経路検索サービスの利用情報により、一宮市内での注目度の高い観光施設を検索数をもとにグラフ化したもの。
1位は、一宮市のシンボルともいえる「138タワーパーク」であった。
それに次いで「イオンモール木曽川」、「テラスウォーク一宮」と大型のショッピングモールが上位に入ってきている。
このような商業施設がランクインしたのには、一宮市にはもともと観光資源が少ないためだと考えられる。
もともと人口は愛知県の中でも多いほうではあるが、観光客のために観光施設をもっと増やしてほしいものである。