飛騨市の将来人口推計

0

https://resas.go.jp/population-future/#/graph/21/21217/2012/0/8.526173169513552/35.881925025/137.2778415

2010年の人口を100とした飛騨市の各年代の人口推移のグラフ。

飛騨信用組合の方が仰っていた通り人口減少が続き、2050年までには現在の人口の約半分にまで落ち込むと予測されている。

愛知県の市町村別財政力指数(2014年)

0
市町村名財政力指数
名古屋市0.98
豊橋市0.95
岡崎市0.98
一宮市0.82
瀬戸市0.84
半田市0.95
春日井市0.96
豊川市0.88
津島市0.72
碧南市1.01
刈谷市1.2
豊田市1.04
安城市1.19
西尾市0.97
蒲郡市0.85
犬山市0.9
常滑市0.96
江南市0.8
小牧市1.12
稲沢市0.91
新城市0.61
東海市1.26
大府市1.05
知多市0.96
知立市0.97
尾張旭市0.9
高浜市0.98
岩倉市0.79
豊明市0.9
日進市0.99
田原市0.94
愛西市0.65
清須市0.96
北名古屋市0.96
弥富市0.98
みよし市1.07
あま市0.78
長久手市1.02
東郷町0.9
豊山町1.02
大口町1.1
扶桑町0.84
大治町0.83
蟹江町0.88
飛島村2.07
阿久比町0.81
東浦町0.94
南知多町0.53
美浜町0.7
武豊町1.03
幸田町1.11
設楽町0.24
東栄町0.18
豊根村0.26

財政力指数とは、 地方公共団体の財政力を示す指数で、基準財政収入額を基準財政需要額で除して得た値の過去3年間の平均値である。 財政力指数が高いほど、普通交付税算定上の留保財源が大きいことになり、財源に余裕があるといえる。

最も財政力指数が大きいのが飛島村の2.07で、これは日本全国でも1位である。事業所からの税収が多く、人口が少ないことが理由となっている。

私の住んでいる武豊町は1.03で、思ったより財源に余裕があることが分かった。

外国人の愛知県への国籍別訪問者数(2011年)

0

中国が約50%と最も多くなっており、次いで韓国、台湾と、日本に近い国からの観光客がトップ3を占めた。

この他に香港・タイ・シンガポール・マレーシア・インドも含めると、アジアの地域から訪れる外国人は全体の約85%であることが分かった。

都道府県別人口増減率(2005~2030)

0
 200520102015202020252030
北海道-0.0097-0.0216-0.0226-0.0378-0.0421-0.0486
青森県-0.0265-0.0441-0.0474-0.0551-0.0605-0.0657
岩手県-0.022-0.0396-0.038-0.0572-0.0552-0.0592
宮城県-0.0022-0.0051-0.0061-0.0278-0.026-0.0314
秋田県-0.0368-0.0519-0.0579-0.0624-0.0689-0.0736
Ž山形県-0.0225-0.0389-0.0385-0.0549-0.053-0.0562
福島県-0.0167-0.0298-0.0567-0.0212-0.0498-0.0538
茨城県-0.0035-0.0018-0.0178-0.0221-0.031-0.0373
栃木県0.0059-0.0044-0.0167-0.0243-0.0307-0.0361
群馬県-0.0004-0.0079-0.0174-0.0267-0.0326-0.0379
埼玉県0.01680.01990.01-0.0184-0.0199-0.0279
千葉県0.0220.02640.001-0.0161-0.0221-0.0302
東京都0.04250.04630.027-0.0148-0.0103-0.0169
神奈川県0.03550.02920.0086-0.0004-0.0123-0.0196
新潟県-0.0179-0.0234-0.0296-0.0409-0.0441-0.0489
富山県-0.0081-0.0166-0.0246-0.0358-0.0411-0.0465
石川県-0.0059-0.0036-0.0135-0.0225-0.0283-0.0333
福井県-0.0089-0.0186-0.0243-0.0343-0.0378-0.0422
山梨県-0.0041-0.0242-0.0326-0.0315-0.0404-0.0449
長野県-0.0086-0.0199-0.0249-0.0381-0.0402-0.0446
岐阜県-0.0002-0.0126-0.0235-0.0265-0.0355-0.041
静岡県0.0066-0.0072-0.0172-0.0268-0.0335-0.0396
愛知県0.030.02150.0098-0.0057-0.0124-0.0184
三重県0.0052-0.0066-0.021-0.0235-0.0331-0.0379
滋賀県0.02790.0220.00150.0008-0.0111-0.0166
京都府0.0012-0.0044-0.0098-0.0167-0.0263-0.0325
大阪府0.00140.0055-0.0029-0.0216-0.0276-0.0347
兵庫県0.0072-0.0004-0.0095-0.0204-0.0283-0.0342
奈良県-0.0149-0.0145-0.026-0.0251-0.0379-0.0447
和歌山県-0.0317-0.0326-0.0385-0.0481-0.0524-0.057
鳥取県-0.0102-0.0302-0.0259-0.0505-0.0452-0.049
島根県-0.0253-0.0334-0.0321-0.056-0.0513-0.0541
岡山県0.0033-0.0061-0.0122-0.028-0.0302-0.0342
広島県-0.0008-0.0055-0.0059-0.0272-0.0281-0.0335
山口県-0.0231-0.0276-0.0321-0.046-0.0485-0.0531
徳島県-0.0172-0.0302-0.0379-0.0439-0.0501-0.0544
香川県-0.0103-0.0164-0.0197-0.0401-0.0398-0.0445
愛媛県-0.0169-0.0247-0.0323-0.0403-0.0452-0.0497
高知県-0.0217-0.04-0.0473-0.048-0.0557-0.0597
福岡県0.00680.00440.0058-0.0262-0.0226-0.0283
佐賀県-0.0117-0.0191-0.02-0.036-0.0351-0.0385
長崎県-0.025-0.0351-0.0348-0.0466-0.048-0.0523
熊本県-0.0092-0.0135-0.0172-0.0345-0.0339-0.0376
大分県-0.0095-0.0108-0.0252-0.0275-0.0358-0.0399
宮崎県-0.0145-0.0154-0.0275-0.028-0.0368-0.0409
鹿児島県-0.0185-0.0268-0.034-0.0364-0.0416-0.0444
沖縄県0.03290.02290.0293-0.0116-0.0019-0.0066

いずれの年も秋田県の人口が最も減少していることが分かった。

愛知県の人口は2020年以降は増加から減少に転じると予想されているが、減少率はワースト5位以内に入っている。